井原隆一氏の人生は、

苦労と勉強の日々ですが、非常に参考になります。




「言志四録」を読む |井原 隆一

「言志四録」を読む
「言志四録」を読む
posted with amazlet on 06.04.05
井原 隆一
プレジデント社 (1997/08)
売り上げランキング: 98,171
おすすめ度の平均: 5
5 肉厚のごちそう

(評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう。)


●へへへーっと、土下座したくなる本は初めて読みました。言志四録は他にも2冊読みましたが、ぜんぜん印象が違いました。言志四録の言葉をネタに井原隆一氏のコメントが続くのですが、なるほど、こういう風に読むのか、と納得するばかり。

●手帳に書き写すのも30ページ程度で止めました。メモしていたら、一冊書き写すようなもので時間がいくらあっても足りません。家庭に一冊お勧めします。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・最高級の人は天地自然の真理を師とし、第二級の人は優れた人物を師とし、第三級の人は書物を師とする(p3)
<人と会うために、もっとパワーとお金を使ってもいいかもしれません>


・目的を達成し、得意の気持ちが出てきたなら、退くことを考えるべきである。一事一時であっても登りつめた龍といえるような高い地位についたなら、退くことを考えておかないと滅亡の悔いを残すことになる。(p38)
<今の私には、まだ不要な言葉のようです。何年後に必要になるのか・・・>


・生涯のうちに、自分を褒めてやりたいといえいることがあれば、他からもらったいかなる賞にも勝ると考えたい(p89)
<まったくその通りですね>


・一時は、松下は下請け殺しなどの批判を受けたが、結果を見ると愛の鞭であったことがわかる(p122)
<意識して厳しく接することができる人は偉大だと思います>


・親が生きている時は親の身は自分の体であり、親が死んだ後は自分の体が親の身であることを知らねばならない。つまり、自分で自分を愛する心で親を愛し、親を敬う心で自分を敬わなければならない、ということである。(p133)
<親が生きているうちに、できることは何でもしたいですね>


・紙幣が出始めて明は衰えるようになり、多く発行するようになってから明は亡びた。(p179)
<インフレを狙っている国があるようですが大丈夫でしょうか>



「言志四録を読む」
井原隆一、プレジデント社(1997/08) ¥2,520
(評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう。)

【井原隆一の経歴】
1923年、14歳で埼玉銀行に入行。

20歳にして父親の莫大な借金を背負い、銀行から帰ると家業をこなし、寝る間も惜しんで借金完済。

 その間、並はずれた向学心から独学で法律、経済、経営、宗教、歴史を修めた苦学力行の人。最年少で課長抜擢。

証券課長時代にはスターリン暴落を予測し、直前に保有株式証券をすべて整理。 経理部長時代には日本で初めてコンピューターによるオンラインを導入するなど、その先見性を広く注目される。

 常務、専務を歴任の後、大赤字と労働争議で危地に陥った会社の助っ人となり、一挙に40社に分社するなど、独自の再建策を打ち出し短期間に大幅黒字無借金の超優良会社に甦らせる。

 その後も数々の企業再建に尽力。名経営者としての評判が高い。数多くの艱難辛苦をことごとく克服してきただけに、著者のとりあげる中国故事は多くの社長の共感を呼び、「帝王学」の師と慕われている。


あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら